結局ニベア青缶❤顔パックにも髪にも活用しつくす方法

投稿日:

毎月訪れるコスメの新商品、眺めているだけでも本当にわくわくしますよね。
どれを買おうかと悩む時間が楽しみ、なんて、コスメ好きの方も多いのでは?

でも新しいものばかりが良いものではありません。

長い歴史を持つ定番コスメ、今回はその中でも愛用者の多い「ニベア青缶」をご紹介します。

1万円超えのクリームにそっくりなのにこのお値段! 驚きのコスパのワケとは?

 スーパーやドラッグストアで簡単に買うことのできるニベア青缶。
「探さなくても身近な店舗で買える」「お値段もお手頃」なところも人気の一因です。

しかしそんなニベアが一時期店頭から姿を消したこと、皆さんご存知ですか?
とある検証をきっかけに、15mlで1万円を超える某クリームにその内容成分が酷似していると判明し、その口コミは瞬く間に広がり、買い占める人も出たほどです。

そんなニベアの得意分野はスキンケアの基本である保湿効果。
乾燥を防いでくれるのはもちろん、潤いによって肌のトーンアップやハリ感アップも期待できます。

169g 700円前後のニベアなら、そんな高級クリームそっくりの成分を贅沢に全身に行き渡らせることも可能です。

 

一回あたり35円で毛穴レスうるうる肌の顔パック

 保湿力に優れたニベア。

乾燥しやすいひじやひざ、肩先などに丁寧に塗り込んであげるだけでも十分に効果が期待できますが、
今回は全顔用スペシャルケアをご紹介します。

①毛穴を開かせる
お風呂に入る、スチーマーを当てる、など方法は様々です。そのときの気分や体調に合わせてくださいね。

②ニベア青缶を全顔に塗ってしばらく放置する
毛穴汚れが気になるところには少し厚めに塗るのがポイントです。
ニベアに含まれる成分が毛穴汚れを吸い取ってくれます。

③洗い流す
軽くマッサージしながら洗い流してください。
クリームが残ると毛穴詰まりの原因にもなりますので、丁寧に落としましょう。

ニベアの良質なオイルが毛穴汚れをストレスなく浮かび上がらせてくれるので、顔パックの後の肌はしっとりふわふわに仕上がります。
大事な予定の前に、または、週1回のスペシャルケアにオススメです。

ニベア青缶ひとつでおよそ30回は使えますので、コスパの点でも嬉しいですね。

 

ふわふわの唇を作るためパックに加えたい一手間とは?

 パックのときに避けるよう言われがちな唇まわりですが、ニベアなら唇にも安全に使えるのが嬉しいところ。

効果を高めるためにもぜひ試していただきたいのが、クリームの上からラップを貼るという一手間です。
これだけでパック後の唇のふっくら感が大きく変わるので、翌日のリップメイクがますます楽しくなりますよ。

いちいちラップを唇サイズにカットするなんて面倒、という方は、唇サイズにカットされたラップシートが販売されているのでそちらもチェックしてみてくださいね。

 

お肌のお手入れが終わったら、実はここにも使えます!

 かさつきの気になるところへの保湿ケア、毛穴汚れが気になるところへの落とすケア...と全身の肌をくまなくニベアでお手入れして満足!となっている方、ちょっと待って。

実はニベアは髪にも使えるんです。

毛先の保湿アイテムとして

乾燥して広がりやすい毛先に、ニベアを薄くのばすだけ。
それだけで毛先がしっとりとまとまります。
付けすぎるとべたつくので、少量ずつ様子を見ながらつけるのがポイントです。

シャンプー前のクレンジング剤として

ニベアに含まれる油分を利用した方法です。
まず乾いた頭皮にニベアを馴染ませ、ゆっくりとマッサージをします。
そのあとはいつも通り、髪を濡らし、シャンプーとトリートメントをするだけです。
通常のオイルクレンジングよりもしっとり柔らかく仕上がりますよ。

ドライヤー前の保護剤として

ドライヤーの熱から髪を守るため、洗い上がりの髪には洗い流さないトリートメントをつける方も多いのでは?
ニベアはそのトリートメントとしても活躍してくれるんです。
毛先に少量を伸ばしてからドライヤーを当てるとしっとりさらさらの仕上がりになります。

コスパ最強のニベア青缶で美肌も美髪も手に入れよう♪

ニベア缶の魅力を紹介してきました。

乾燥対策に手や肘・膝に塗るだけではもったいない!と思っていただけたのではないでしょうか。

保湿効果はもちろん、価格も嬉しいニベア缶。高価なクリームだとちびちび使いがちですが、プチプラなニベア缶だとたっぷり贅沢に全身ケアできますね♪

高価なクリームはスペシャルケア用に、ニベアは日常用に…と使い分けるのもいいかもしれませんね。

 

Writer ayasenana

 



-美容

Copyright© Twinkle , 2019 All Rights Reserved.